• ビタミンサプリの効果

    ビタミンとは微量で生体の代謝や生理機能を正常に維持する作用を持ちます。

    脂溶性と水溶性に分けることができ、様々な効果をもたらします。


    また、ビタミンが不足すると欠乏症が起こりやすくなるので健康を守るには必要です。

    例を挙げると、口内炎や壊血病などになったりします。


    水溶性にはビタミンB群とビタミンCがあり、効果もそれぞれ異なります。


    前者はさらに、種類を分けることができ、生体を維持する役割があります。

    後者は別名アスコルビン酸とも言い、抗酸化作用やコラーゲン合成に関与しています。

    ビタミンサプリの効果に関する情報満載です。

    脂溶性にはビタミンA、D、E、Kがあり、効果もそれぞれ異なります。


    Aは別名レチノイドと言い、皮膚や粘膜を健康に保ち、感染症の予防や視覚に作用します。


    Dは別名カルシフェロールと言い、カルシウム代謝に関わります。


    Eは別名トコフェロールと言い、抗酸化作用を持ちます。



    Kは別名フィロキノンあるいはノナキノンと言い、血液凝固作用を持つ。

    これらを一日に全て適量とることは難しいですがサプリとしてとることはどうでしょうか。



    かなり楽に摂取することができます。


    ただし、適量を守らないと過剰摂取となり、過剰症を引き起こしてしまいます。また、脂溶性のものは水に溶けず油に溶ける性質があるため、体内に貯蔵されやすいことも頭に入れておくべきです。サプリをとることは足りない栄養の補給ができるメリットもあります。サプリ摂取時に管理しておくことをお勧めします。